ひかり

 最近撮った太陽と月の写真を。







中秋の名月などと、呼ばれていますが
冬だってね春だってね夏だってね
いつだってね、月は、優しくて綺麗なんですよ。
10ヶ月間見てきて分かったこと。
私の中で月という存在は、何かとても大きなものである。



あと、24日に買ったお花。





WEST&EAST

学内コンペ「WEST&EAST」の審査が終わり
今年はありがたいことに私の作品が賞候補に選ばれました。
受賞ではないけれど、確実にすてっぷあっぷ。
嬉しいです。

審査員の方々にもアドバイスと、お褒めの言葉を頂き
自信がついて、よい方向に向かって歩き出せそうな気がします。


最近、いろんな方から、
いまの調子で大丈夫だから、自信を持って描き続けなさい。
というニュアンスの言葉をよく頂く。
それはとても有り難くて、嬉しくて誇らしく思うのだけど
その言葉に満足してはいけないなと強く言い聞かせてて。

描きあげた時点でその作品のテーマや制作姿勢は完結しているのであって、
いつまでも同じところにとどまっていても意味がない。
常に先を見つめていかなければ。
貪欲になって、常に成長、変化していかないとなあ。

っていうことを考えながら、卒業制作にとりかかり始めてます。
今年はたくさん描きたいなあ。

私は何を描きたいのか、という答えが、
言葉で表すにはまだ見当たらなくて、
でも何か一貫したものがあるはずだから(今までの作品を並べた時に思う)
見つかるといいなあと思っています。


研究科の友人が最優秀賞をとったので
明日はお祝いの飲み会です。ワッショイ。ワッショイ。

美味しいお酒やごはんを食べることと
いろんなものごとを見たり聴いたりして、感じることが、あたしのいちばんの趣味で、それいがいは本当にないなあ、と思った。
そんな秋の夜です。

カラフル

映画、「カラフル」を見てきた。

ひろかが美術室で泣くシーンが凄く良かった。

綺麗なものが好きなのにときどきそれを潰したくなるの。
3日に1度やりたいって思うけど1週間に1度尼寺に入りたいって思うの。
幸せで長生きしたいって思うけどときどき凄く死にたくなるの。

私もだよう。

そしてそんなこと思っちゃうのは普通のこと。
普通すぎて笑っちゃうくらい普通のこと。

そうだよね、
そうなんだよねー

と納得。


私はあまりにも普通すぎて、自分の命を自分で断ちたいと思ったことはないので
話の本筋にはそこまで感情移入できなかったけど
その場面だけは、ほんと、凄く良かった。

あと、まことが、
高校に行って普通のことがしたいだけなんだって泣く場面で
泣いた。